ごめん愛してる。3話、ネタバレあらすじ。感想のまとめ

2018年12月24日

ごめん愛してる3話、ネタバレあらすじ。感想のまとめ

 

ごめん、愛してる・3話

ごめん愛してる 3話

ごめん愛してる。3話、ネタバレあらすじ。感想のまとめ

ごめん愛してる。3話あらすじ

以下、ごめん愛してる、3話のあらすじ

律(長瀬智也)と娘・凜華(吉岡里帆)が親しくなっていく様子に不安を覚える凜華の父・恒夫(中村梅雀)。律が持っているサファイアのリングを見かけ、思い当たることがあったのだ。律をサトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードにするという麗子(大竹しのぶ)に止めるよう進言するが、麗子は聞き入れない。

一方、サトルは片思いだったサックス奏者・塔子(大西礼芳)と上手くいきそうな雰囲気。彼女にプロポーズをしたいと、凜華に手伝いを頼み・・・。

ごめん愛してる・3話ネタバレ

以下、ごめん愛してる3話のネタバレ

ごめん、愛してる。3話のネタバレ、あらすじ。サトルが塔子にプロポーズをする。感想。キャスト。原作。視聴率

日向家で
凛華が、サトルに指輪を渡す。
サトル:あれって本当かな。塔子が僕のこと好きじゃないって?
凛華:あれは、麗子さんに気を使ったんじゃないかな。
サトル:振り向いてもらおうと思ったら、相当頑張んないと。凛華、俺、塔子を絶対諦めない。
凛華:そっか。頑張れ

加賀美が運転手を訴えると言ってきた。お金を払った。
加賀美が、律を辞めさせようと。

金を、律に渡しに行く、恒夫。
麗子の指示だと。

留置所に入れられている、律。

河合若菜が律の帰りを待っている。

麗子とサトル
麗子:あの記者のこと、気にしないで。なんでもなかったの。
サトル:気にしないよ。塔子のことなんだけど。やっぱり認めて欲しい。
麗子:あの人、あなたのことを好きじゃないって言ったのよ。
サトル:本心じゃないかも。りゅうさん、辞めさせたの?りゅうさんをクビにするなら、僕は家を出て行くからね。僕は、お母さんが大好きだけど。人を噂や肩書きで判断するところは好きじゃない。

留置所で、子守唄の夢を見る、律。
留置所から出る、律。
加賀美から電話。これは貸しだぞ、必ず返してもらうからな。

凛華が迎えにきている。
凛華:サトルの付き人をやめようと思ってるんだ。私なんかいなくても、立派にやっていけそうだなと。だから頼むね。
律:俺は、クビになったんじゃ
凛華:お父さんが先走っただけ。麗子さんの下で働くのは大変だよね。
律:あれも、親だからなんだよな。
凛華:なんであんなに熱くなるの?
律:捨て子だからだよ。
凛華:そんなことを思って育ってきたの?偉いね。よくここまで育たってきたね。
律:頼みがあるんだ。膝枕してくれ。
と膝枕して、子守唄を歌ってもらう。

泣いている、律。

凛華にキスする、律。

ごめん愛してる・3話の感想まとめ

ごめん、愛してる、3話の感想まとめ

感想

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう