過保護のカホコ。7話、ネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

2019年7月9日

過保護のカホコ。7話、ネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

 

過保護のカホコ・7話

過保護のカホコ

過保護のカホコ。7話、ネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

過保護のカホコ。7話、あらすじ

過保護のカホコ。7話、あらすじです。

過保護を卒業し自立するために努力するカホコ(高畑充希)と、手助けしたくなる気持ちをこらえ敢えて突き放した態度をとる泉(黒木瞳)に、正高(時任三郎)は根本家が少しずつ変わろうとしている空気を感じる。
そんな中、カホコは初代(三田佳子)が重い心臓の病気を隠していることを知ってしまう。今まで通りの暮らしを続けたいので家族に黙っていて欲しいと頼まれたカホコは初(竹内涼真)にだけ相談するものの、泉たちに話さないことが正しいことなのか確信が持てずに苦しむ。

毎年恒例の家族イベントであるイト(久保田紗友)の誕生日会の日が近づく。初代のために親戚一同を集めて楽しい会にしたいカホコだったが、チェロが弾けなくなって以来心を閉ざしているイトが出席するはずがないと、節(西尾まり)が今年の会は中止にしたいと言い出す。なんとかしたいカホコは付き合いだしたばかりの初とのデートも犠牲にし、イトを待ち伏せて説得しようと試みる。しかしイトからは家族だと思っていない、とキツい言葉をかけられてしまう。
さらに、衛(佐藤二朗)と環(中島ひろ子)からも欠席の連絡が。二人のもとに駆けつけたカホコは、実は環がある秘密を持っていて、自己嫌悪から親戚に会いたくないのだと秘密を打ち明けられる。
次々に深刻な問題が露呈するカホコの親戚の話を聞いた初は、家族は無理に一緒にいるよりも別れている方が幸せなこともあると話す。初は辛い気持ちを我慢して無理に笑うカホコを心配するが…。

そして、追い打ちをかけるように正高の実家では、家出をしていた教子(濱田マリ)が身元のわからない小さな男の子を連れて帰って来る。現実から目を逸らし解決を「明日」に先送りにする正興(平泉成)についにカホコは「明日がない人もいる!」と声を荒げる。
家族のために奔走するカホコと、それを心配する初との関係にも微妙な変化が…

 

過保護のカホコ。7話、ネタバレ

過保護のカホコ。7話、ネタバレです。

過保護のカホコ、7話のネタバレ、あらすじ。視聴率。カホコと初が別れてしまう?感想、キャスト。動画

泉に、イトちゃんの家の前にいるから遅くなるとメッセージする。
泉は心配そう

イトが友達の車で帰ってくる
カホコ:今度の日曜日、誕生日でしょ。来てくれないかな
イト:言ったでしょ、うちの親戚大っ嫌いだって。
カホコ:ばあばが、ばあばが、イトちゃんに元気になってほしいと思って
イト:うざいのよ。
カホコ:ばあばの悪口はやめてよね。家族は、自分よりもわかってくれている存在かも。
イト:なんか勘違いしてない?私、あんたらのこと家族と思ってないから

カホコは、イトが好きなチョコチップクッキーを作ろうとするが、
環たちも欠席するからやめろと、泉に言われる

環が喘息
カホコが会いに行く
環は自分が嫌な人間だから、出席しないと言い出す。

環は、万引きしていた。
環:今日みたいに発作が出ると、ストレスが。結婚する前に、まあくんに見つかって。
衛:俺が悪いんだなあ。昨日、仕事で嫌なことがあって、酒飲んじゃったから。
環:もうダメみたい。
カホコ:そんなことない。

カホコと初
初:やっぱやめたほうがいいんじゃないかな。
カホコ:普段通りにしたいと言うばあばの願いを叶えてあげたいの
初:家族と一緒にいると言うのは幸せかな。離れているほうがいいかも
カホコ:そうやって、お母さんに会わない理由にしているの?
初:あいつは家族。俺たちが喧嘩してどうすんだ。やめよ。辛い時は、泣いたほうがいい。
カホコ:でも、カホコ、大人になりたいし、もう泣かないって決めたから

教子は、旅先で子供を拾ってくる。
正高が、実家にいく。
教子:お兄ちゃんには、迷惑かけないから、安心して
正高が、正興にどうすると聞くと、明日やると。
カホコ:明日がこない人だっているんだよ。もう聞きたくない、おじいちゃんの明日は。

カホコと初代
初代:もう中止しましょう
カホコ:でも、いっぱい、食事作るんでしょ。
初代:じゃあ、カホコと、泉たちと食べましょう。
カホコ:イトちゃんが来てくれれば、来るから。

泉に会いに行く、カホコ
バッティングセンター
イト:いいよ、ホームラン打って、これ取ってくれたら
カホコ:わかった。

そこに初がいる。
初:明日、デートしようか
と、イトとデートすることに

カホコは、まだ諦めていない

泉が、実家にやって来る

そして環や節たちもやって来る。

泉が、環や節を怒ったと

そして、初が、イトを実家の前まで連れて来る。

カホコ:ヒットしか打てなかったから
正高:これで、許してくれないか。徹夜で頑張ったんだ。

みんなでイトの誕生日会を始める
カホコ:初くんのことを知ってもらったら?
泉:お母さんは?
初:死んだんで。
泉:絵で食べて行くの?
初:カホコさんも応援してくれてるから。
衛:青年、カホコを悲しませたら、うちの家族、みんな許さないぞ

じいじが、イトに、留学資金だと言って、お金を渡す
初代:やりたいことが見つかったら、使ってほしいと思って。家族のこと信じて、イト。
イト:ありきたりなこと言わないで。みんな偽善者だし。誰にも頼らないでやって行くから
泉:じゃあ、勝手にすれば。私もイトのこと好きじゃない。カホコのこと、バカにしてたから。でもカホコは違うよ、イトのこと心配してるから、こうやって誕生会やったんでしょ。

険悪になって来る

カホコ:私、こんなの初めて。今までは、ここに来たら、やたらめったら楽しくて。こんなに素晴らしい時間なんてないって思ってたのに。みんなの顔を見たくない。こんなんじゃ、ばあばがかわいそう。

カホコが出て行く。初が追いかける

初代:カホコがあんなにしてくれたのは、みんな私が悪いの。私、もうすぐ死にます。

初:そんな落ち込むなって。
カホコ:結局、ばあばのこと悲しませちゃったし。
初:なんでも自分で背負うのやめろって。家族を大切に思う気持ちはわかるけど、みんなのことを背負うなんて無理だから。
カホコ:だったら、どうしたらいいの?
初:今は、自分にできることだけに専念したほうがいいよ。
カホコ:子供作ろう。ばあば、言ってたでしょ。ひ孫いたらいいでしょ。
初:それは、本末転倒だろう。
カホコ:いつもバカにして。バカにするのやめて。カホコは、家族といたいから。初くんは、家族がいないから、カホコの気持ちがわからないんだよ。
初:やっぱ無理だわ。お前が言ったように、家族の愛なんて信じてないし。ママに言われたように、俺とお前は、生きる世界が違うんだよ。だから、付き合うのやめよ。
カホコ:わかった。ほら、泣いたよ。これで満足。
帰って行く、カホコ

過保護のカホコ。7話、感想まとめ

 

感想

 

過保護のカホコ。7話、視聴率

ドラマ、過保護のカホコの6話の視聴率は、10.9%でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう