僕たちがやりました。1話のネタバレ、あらすじ。感想まとめ。視聴率

2019年8月15日

僕たちがやりました。1話のネタバレ、あらすじ。感想まとめ。視聴率

 

僕たちがやりました・1話

僕たちがやりました

僕たちがやりました。1話のネタバレ、あらすじ。感想まとめ。視聴率

僕たちがやりました。1話のあらすじ

以下、僕たちがやりました。1話のあらすじです。

凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)は、大それた夢は持たず“そこそこで生きられればいい”と考えるイマドキの高校生。
新しい彼女・新里今宵(川栄李奈)ができて浮かれている同級生の伊佐美翔(間宮祥太朗)や、“マル”こと丸山友貴(葉山奨之)、“パイセン”こと凡下高OBの小坂秀郎(今野浩喜)と、ボウリングやカラオケに興じる、そこそこ楽しい日々を送っていた。

トビオなど僕たちは、楽しい日々を送っていて、そこそこ楽しければいいと思っていた。

そんなイマドキの高校生。

そんななか、ヤンキーの巣窟として知られる矢波(やば)高の市橋哲人(新田真剣佑)が仲間に指示し、凡下高の生徒を暴行する事件が頻発。
警察も傷害事件として捜査に乗り出し、刑事の飯室成男(三浦翔平)らが動き出す深刻な事態に。トビオたちの担任教師・立花菜摘(水川あさみ)は気をもんでいた。
ある日、トビオとマルは、矢波高のヤンキーたちが暴力を振るう現場に遭遇。
マルが小声で「矢波高全員死ねー!!」と毒づいたのを市橋に聞かれてしまって怒りを買い、目をつけられてしまう。

平凡な日常が、ヤンキーの毒づいたのをきっかけに変わって行ってしまいます。

一方トビオは、幼なじみの蒼川蓮子(永野芽郁)が、市橋と一緒に朝帰りする姿を目撃し、2人の仲が気になり…。

トビオは、市橋と蓮子が朝帰りするのを見かけて、気になってしまうようです。

そしてある日、事件が起こった。マルが市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてしまったのだ。
血まみれの痛々しいマルにうろたえるトビオ、伊佐美、パイセンの3人。これをあざ笑う市橋たちに怒りがこみ上げたトビオは、「アイツら殺そう、俺たちで」と復讐を誓う。
翌日、トビオ達はイタズラ半分で矢波高への復讐計画を思いつき…。

事件が起こって、マルが市橋のグループにボコボコにされてしまいます。

その仕返しにと、いたずらを思いついて、実行するようです。

そして、それが、この後の逃亡劇につながっていくようですね。

というのが、「僕たちがやりました」1話のあらすじです。

僕たちがやりました。1話のネタバレ

以下、僕たちがやりました、1話のネタバレです。

僕たちがやりました。1話のネタバレ。あらすじ。増渕トビオたちの逃亡ドラマ。感想。見逃し配信。キャスト。視聴率

爆弾で、矢波高を爆発させようとしている。
マルが、復讐してくれるということで、うれしいと。
作戦は、矢波高に侵入して、昼に爆発させる。マスクで変装して侵入する。

刑事が、マルを探しに来る。
が、逃げる3人。

帰宅すると、蒼川に蹴られるトビオ。
トビオ:あいつ、お前の彼氏?
蒼川:どうでもいい奴。私、矢波高嫌いだし。
トビオ:俺、明日。いやなんでもない。明日、カラオケ行こうぜ
蒼川蓮子:超、楽しみ

市橋が待ち伏せしていて。
市橋:あいつまで生きてる?次は、お前の番だからな
蹴られるトビオ。

輪島宗十郎に、飯室が話を聞きに行く。
金を借りた連中が消えたり、死んだりしている。
相手にしない。輪島。
弁護士の西塚が、今後は、私を通してくださいという。

凡下高校の屋上で4人で。
起爆装置を取り出す、パイセン。
1発目はマルが押す。爆発する。
どんどん押して行く。

矢波高の生徒が逃げ惑う。
パイセンがアゴでボタンを押すと、矢波高で大爆発が怒る。

爆発事故が発生と、警察無線で。
矢波高が燃えている。
燃えている生徒たちもいる。市橋は倒れている。

俺の人生、そこそこでいいんですけど。

 

僕たちがやりました。1話の感想

 

感想まとめ

僕たちがやりました。1話の視聴率

僕たちがやりました、1話の視聴率は、7.9%でした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう