コード・ブルー3。1話のネタバレ、あらすじ。感想まとめ。視聴率

2018年12月24日

コード・ブルー。シーズン3。1話のネタバレ、あらすじ。感想。視聴率

 

コード・ブルー・1話

コード・ブルー

コード・ブルー。シーズン3。1話のネタバレ、あらすじ。感想。視聴率

コード・ブルー。シーズン3。1話のあらすじ

以下、コードブルー3、1話のあらすじです

 

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは仕事もプライベートも自分の人生と向き合い始める年代に達しそれぞれの道を歩みだしていた。藍沢耕作(山下智久)は翔陽大学附属北部病院の救命救急センターを離れ、脳外科医として研鑽をつみさらなる高みをめざし日々オペを行っている。白石恵(新垣結衣)は人手不足の翔北救命救急センターで今やフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘していた。かつてはともにフライトドクターを目指していた緋山美帆子(戸田恵梨香) は、翔北病院を離れ周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。冴島はるか(比嘉愛未)は、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍中。また藤川一男(浅利陽介)も白石と共に翔北救命救急センターを支える整形外科専門の救命医となっていた。

コードブルー3。

これまでのシリーズに登場した5人もそれぞれの道を歩んでいるようです。

医療に携わっているということは同じですが、これまでとは違う道に進んでいる者、今まで以上に責任が高くなっている者。

変わっていますね。

彼らの成長を語る上で橘啓輔(椎名桔平)の名を挙げないわけにはいかない。そんな橘は救命医として活躍を続けているが現在、息子についてある厳しい局面に立たされていた。橘が葛藤する理由とは。

そして、橘も、息子のことで葛藤しているようです。

そんな救命センターに新たにフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田 凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)がやってくる。フェローたちは使い物にならないと救命センターの誰もが嘆く中、白石は人材不足の中、彼らを戦力にするしかないと必死に育てようと努力する。

また、フライトドクターを目指す、フェローなどが配属されて来るということです。

新しいメンバーですね。

白石が彼らを育てようと奮闘するようですね。

脳外科医として信頼を既に得ている藍沢には強力なライバル、新海広紀(安藤政信)が現れる。脳外科では世界屈指の水準を誇るトロント大へ臨床医師として選ばれるかどうかの席を争っていた。

それぞれの道を歩むかつてのフェローたち、新たなフェローたち、そして彼らの仲間たちによって『コード・ブルー』第三シーズンがついに始まる。

それから、藍沢は、ライバルが現れるようです。

こちらも、奮闘しているようです。

 

というのが、コードブルー3の1話のあらすじですね。

コード・ブルー3。1話のネタバレ

以下、コード・ブルー。シーズン3。1話のネタバレです。

コード・ブルー、シーズン3。1話のネタバレ、あらすじ。藍沢耕作などは今どうしているのか?感想。キャスト、視聴率

挟まれて助けられた子供、ゆうとの父親が来る。
息子の姿を見て、ショックを受ける、父親。仕事が入って、一緒に祭りに行けなかった。

緋山は、病院に泊まる。
小児科の人が、橘を探しに来る。
検査結果を藍沢が受け取る。
橘優輔 11歳の結果を見てしまう、緋山。

橘優輔の病室に行くと、橘と三井がいる。
三井:拡張型心筋症。移植しか可能性がない。でも心臓が見つかる可能性も低い。だから、できるだけそばにいてやりたい。多分、そんなにもう時間はないから。ごめん、緋山。今が面白い時期なのに。もっとって思う頃よね。そんな時に救命を押し付けて。申し訳なく思ってる。

ゆうとが、意識が戻る。

白石:どうかした?
藍沢:いや。
白石:今日はありがとう。助かった。
藍沢:俺は、脳外科医の仕事をしただけだ。
白石:でも、藍沢先生のおかげで、目が覚めた。私が指揮官になれって。昔は、橘先生がいてくれて、私は指示に従っていればよかった。今は、私がその指示を出さなきゃならないのよね。
藍沢:悪い癖だな。そう背負いこむな。お前はいつも自分のことを後回しで、救命のことを考えてる。24時間。それはみんな知ってる。一人でやろうとするな。周りの人間をこき使ってやればいい。みんなお前の言うことなら、聞くさ。9年間。お前は救命の良心になった。お前ならどうする?俺は、救命で覚えることは一通り覚えた。今は、脳外のほうが面白い。
白石:どっちでもいいと思う。藍沢先生がメスを握ってさえいてくれれれば。だって、どこにいたって、あなたは命から逃げない。

翌朝
緋山が疲れている。
白石:しょうがないな。いいよ、うちきて。ただし、私の言うことに聞いてもらうから。
緋山:なにそれ?あんたの下で働けって。
白石:そうだよ。頼りになるから。

藤川は、冴島と結婚していて、冴島はるかが、妊娠している。

三井は、みんなに挨拶する。理解してくれてありがとうと。

藍沢が、救命に戻って来る。

藍沢、ほとんど叶うことのない願い。それでも人は願いを託す。

白石:どうして救命に戻ったの?トロント大に行きたかったんじゃないの?
藍沢:行くよ。新海に勝って。症例を増やしてアピールできる。いいことだらけだ。
白石:藍沢先生らしい。
藍沢:それに、救命にはお前がいる。お前は面白い。

「黒田先生の救命を超える救命を作る。
絶対やる!わたしたちで!!」
と短冊。

藍沢。一人で叶えられない願いならどうすればいい?仲間と共に願えばいい。

コード・ブルー。シーズン3。1話の感想まとめ

 

感想まとめ

 

コード・ブルー3。1話の視聴率

コード・ブルー3。1話の視聴率、16.3%でした。すごいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう