ノーサイドゲーム、1話。あらすじ、ネタバレ

ノーサイドゲーム。1話。あらすじなど

ドラマ、ノーサイドゲーム、1話のあらすじ、ネタバレなどについて書いておきます。

ノーサイドゲーム。1話

ノーサイドゲーム、1話。あらすじなど

ノーサイドゲーム、1話のあらすじ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

というのが、ドラマ、ノーサイドゲームの1話のあらすじです。

ノーサイドゲームの1話のネタバレなど

ノーサイドゲーム 1話。ネタバレあらすじ。感想。君嶋が左遷されラグビー部のGMに。キャスト。見逃し配信動画

ノーサイドゲーム。キャスト。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう