ブラックペアン。1話。あらすじ。ネタバレ。視聴率

ブラックペアン。1話。あらすじ。ネタバレ

ブラックペアン。1話。あらすじ。ネタバレ

 

ブラックペアン。1話。あらすじ

ブラックペアン。1話のあらすじ

ブラックペアン 1話

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永(加藤浩次)も注目する手術だ。

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

 

というのが、ブラックペアン、1話のあらすじです。

 

ブラックペアン 1話。ネタバレ

以下、ブラックペアン 1話のネタバレです。

ブラックペアン。1話。動画。ネタバレ、あらすじ、感想。オペ室の悪魔、渡海征二郎。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

高階権太が、スナイプの使用を提案する。
しかし、厚労省の許可はまだない。
佐伯清剛が、倫理委員会の許可を出すかどうかでスナイプのオペができるか決まる。

佐伯は、高階先生の申し出を受けようと言う。
佐伯清剛と渡海征司郎
渡海:私が途中で変わると言うようなことがあったら、彼に辞表を書いていただきのですが、よろしいですね?
高階:いいでしょう。その代わり成功したら、渡海先生に辞表を書いてもらいたい。
渡海:オペの日、来てくださいよ

皆川は、世良雅志の意見を聞きたいと。
世良:僕は、受けるべきだと思います。大丈夫です
皆川は、オペに同意する

治験コーディネーターの木下が世良に挨拶する。
勉強会の誘いに来た。
フランス料理を食べながら、レーザーメスの話。

渡海:2、3人、見繕っておくよ
世良:患者はものじゃないんだよ
渡海:ものだよ。

怒って帰る世良雅志
渡海は、木下に調べて欲しいことがあると言う。

皆川さんのオペ当日。
渡海は、どこかに行っている。

西崎もやってくる。
渡海は、オペにやってこない。

高階が、オペを始める。

渡海は、メールを受け取って、猫田にそれを黒崎准教授に渡すようにと頼む。黒崎が受け取る

黒崎がオペを止めて欲しいと。
スナイプの死亡例もあったという。

渡海征司郎がオペにやってくる。
渡海:お前、もう出て行け。
高階:スナイプは必ず成功する。私にはその自信がある。
佐伯:手術を続けろ。スナイプで。

高階:これでもう終わりです。新しい時代の始まりでもある。西崎教授成功いたしました。

世良雅志と渡海征司郎
世良:ここ出て行くんですか。
渡海:なんで?じきにわかるよ。

皆川が目を覚ますと苦しむ。

渡海:あの患者は死ぬから。高階は準備を怠った。

皆川さんの腹のなかが出血
渡海:ポンコツの体に、急にいいポンプを入れたら破裂した。だから俺は止めたんだ。このばあさん死んだら、お前死ね。

高階権太が佐伯清剛に電話すると、君の患者だから君に任せると。

皆川さんのオペを始める高階
大量に出血している皆川さん。

そこに、渡海がやってくる
渡海:辞表書くか。お前の退職金で助けてやる
高階:こんな時に何言ってんだ。止血できなければ患者は死ぬ
渡海:じゃあやれよ、自分で

世良雅志:いくら払えば助けてくれるんですか?僕のことを信じて手術を受けてくれた人なんです。でも、僕は、何にもできないんです。お願いします。お願いします。お願いします。
渡海:時間がない。お前が手伝え

渡海征司郎がオペをする。
腸を取り出して、世良に持たせて、出血を止める渡海。
渡海:1億な。払い終えるまで、お前は俺のために、一生ここで働け
と世良に

渡海と佐伯
渡海:ご存知だったんですよね。わかった上で、高階にスナイプで手術させた。予想して。
佐伯:これで、高階くんも、大人しくなるだろう。よくやった渡海。本当にお前は、私に貢献してくれている

ブラックペアンの1話の視聴率

ブラックペアンの1話の視聴率は、13.7%でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう