ハロー張りネズミ。9話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

2019年7月9日

ハロー張りネズミ。9話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

 

ハロー張りネズミ・9話

ハロー張りネズミ

ハロー張りネズミ。9話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

ハロー張りネズミ。9話のあらすじ

 

所長のかほる(山口智子)から5ヶ月も家賃を滞納していると知らされたゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)、蘭子(深田恭子)は、仕事の依頼を獲得するために街中で必死に宣伝のビラを配っていた。そんなとき、悪役レスラーとして有名だった元プロレスラー・外道番長こと五十嵐圭吾(後藤洋央紀)を見つけたゴロー。彼のファンだったゴローが興奮気味にサインをもらいにいくと、柄の悪い風貌とは裏腹に、気さくに接する外道番町。しかし、たまたま園児を引率して散歩をしていた幼稚園の先生・岸本杏里(樋井明日香)を見つけると表情が一変。そそくさとその場を去ってしまった…。

その後、ゴローたちが配っていたビラを手に杏里が「あかつか探偵事務所」を訪ねてくると、夏休みなのに遊びに連れて行ってもらえない園児たちのために、ヒーローショウを開催してほしいと依頼する。探偵業とはかけ離れた杏里の依頼に困惑するゴローたちだったが、かほるの一言により、スナック輝のマスター(中岡創一)と萌美(片山萌美)を巻き込んでヒーローショウの開催を決意するのだが……。

 

ハロー張りネズミ。9話のネタバレ

ハロー張りネズミ、9話のネタバレ、あらすじ。ヒーローショーをやる探偵たち。感想。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

本番当日、ゴローと蘭子は、一緒にビールを飲む
ゴローは、緊張して来た。
蘭子は、そうでもない。
ゴローは、知らない男に笑顔を見せていたんだと思って、少し不機嫌に。
でも、蘭子は、父のことを考えていたから、不安だった。杏里も、同じなのではと。
蘭子:私の笑顔は、もうゴローさんだけのものだよ。
ゴロー:じゃあ

そこに、外道番長が、バーと勘違いしてやってくる。
ゴローが明日、ヒーローショーをやって、悪役を外道番長も参考にしたと。
外道番長:難しいですよ。子供達に、善悪を教えられる。だからこそ、悪役はおもしろい。

 

本番当日

杏里が司会で、始まる。
マスターが出て行くと、笑われる。
しかし、かほるが、怖がらせる。
子供たちが、怖がってしまう。

そこに、下赤塚レッドマン、登場!

レッドマンと悪役の戦い。
子供たち、盛り上がる。

杏里が人質に取られる。

ヒーローショーの本番です。文章だと伝わりにくいですけれど、面白いです。
ここから、ハロー張りネズミ、9話の結末です。

外道番長がやってくる。ハロー張りネズミ、9話の結末へ

そこに、外道番長がやってくる。
杏里を探しに来た。
マスターが投げ飛ばされる。
杏里の元カレは、外道番長だった。プロレスをやめたのは、杏里を探すためだった。

河合節子:レッドマン助けて!みんなの応援が必要よ!

レッド:待て!お前の好きなようにさせないぞ!
外道番長:お前ら全員、ぶっ殺してやる!
ブルーもレッドも、やられてしまう。

しかし、河合節子が、外道番長の動きを止める。
最後は、レッドマンダブルキックで、やっつける!

子供たち、大喜び。
杏里:ありがとう、レッドマン。

外道番長は、逮捕される。

今回ノーギャラだった。木琴を壊したから、それを弁償することに。

マスターはショーで怪我をして、事務所を今月中に出て行ってもらうと、弁護士を連れてくる。

かほるは、事務所を畳もうと思っている。

依頼人がやってくる。
自分の家のどこかに徳川埋蔵金が埋まっているから、お宝を探して欲しいと。

依頼人の権田の家に、埋蔵金があるはずだから、探して欲しい。

ハロー張りネズミ、9話の感想まとめ

 

感想

 

ハロー張りネズミ・9話の視聴率

ハロー張りネズミ、9話の視聴率は、6.6%でした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう