ハロー張りネズミ。2話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

ハロー張りネズミ。2話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

 

ハロー張りネズミ・2話

ハロー張りネズミ

ハロー張りネズミ。2話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

ハロー張りネズミ。2話のあらすじ

以下、ハロー張りネズミ、2話のあらすじです。

ある日、「あかつか探偵事務所」を一人の女性が訪ねてきた。ゴロー(瑛太)グレ(森田剛)が依頼内容を聞くと、四俵蘭子(深田恭子)と名乗る女性は、25年前の新聞記事を手渡した。そこには「サンダー貿易副社長・自殺」の記事が。副社長が飛び降り自殺したという報道だが、本当は殺されたと主張する蘭子は、殺された四俵乙吉(平田満)は自分の父だという。ただならない依頼だと感じ取ったかほる(山口智子)は、全てを聞かずに蘭子の話を遮り断ってしまう。

四俵蘭子が、あかつか探偵事務所を訪ねてきます。

25年前のサンダー貿易副社長の自殺は、殺人だったと主張して、調査してほしいということです。

そして、殺されたのは、自分の父だという。

しかし、危険を感じたのか、風かほるは、蘭子の話を途中で終わらせてしまうようです。

失意に暮れて商店街を駅へと戻る蘭子だったが、その蘭子をゴローが呼び止める。「困っている美人は放っておけない」というゴローは、蘭子から25年前に起こった事件のあらましを聞く。それは、サンダー貿易の贈収賄および詐欺事件に関することだった。なぜ蘭子の父・乙吉は殺されなければならなかったのか!? そんな中、ゴローと蘭子は南(リリー・フランキー)という男と接触する……。

五郎は、そんな蘭子を放って置けずに、調査するようですね。

ということで、ハロー張りネズミ、2話は、蘭子の事件を捜査するようです。

というのが、ハロー張りネズミ、2話のあらすじです。

ハロー張りネズミ。2話のネタバレ

以下、ハロー張りネズミ、2話のネタバレです。

ハロー張りネズミ2話。ハロネズのネタバレ、あらすじ。四俵蘭子(深田恭子)の依頼を受け真相を探る。感想。キャスト、視聴率

南が出て来て、話をする
南:四俵さん、総務部だったでしょ。えげつないことしてたから。
ゴロー:南さんに預けたって?
南:永田町とか施設の情報を集めたとき。お父さん、死んじゃったから。
ゴロー:その資料お持ちですか?
部屋が汚くて、見つからなそう。

帝国リサーチの片桐に電話する、かほる。
片桐:うまく捌けば、いい金になるんじゃないか
かほる:ネタがでかすぎで手が足りないんだよ。ちょっとは協力すれば。四俵の死んだときの書類一式探してくれない?

グレは、仲井の実家に鍵を開けて入る。
そこに、仲井が帰ってくる。逃げる、仲井。捕まえる仲井。

南に、CDを聞かせる、ゴロー。
四俵さんが亡くなった頃に、サンライズ出版の事務所がボヤになった。

南が、資料を探すことに。

仲井に話を聞く、グレ
仲井が蘭子に会わせて欲しいと

蘭子と飲みに行く、ゴロー

グレは、仲井の家に泊まって行く。

ゴローは蘭子と飲んだことを思い出して、にやけている
かほるは、蘭子のことを信じている訳ではない。
ゴローは、500%信用している。
かほるは、現場検証の写真を手に入れた。
自殺として処理されている。全身打撲。
文字が書かれている。ARABIAN

アラビア人・タリム・ハブジャーに四俵は殺された?

グレが仲井を連れて、帰ってくる。蘭子に会いたいと。

ゴローに、南が資料を見つけたと電話してくる。
サンライズ出版の事務所に手榴弾。爆発!

ハロー張りネズミ・2話の感想まとめ

 

感想まとめ

 

ハロー張りネズミ、2話の視聴率

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう