ハロー張りネズミ。1話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

2019年7月9日

ハロー張りネズミ。1話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

 

ハロー張りネズミ・1話

ハロー張りネズミ

ハロー張りネズミ。1話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

ハロー張りネズミ。1話のあらすじ

以下、ハロー張りネズミ、1話のあらすじ

東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出す日々。

昼間から、あかつか探偵事務所の下にあるスナックにいるとは、お気楽所員の五郎とグレですね。

バイトの萌美にちょっかいを出しているということで、仕事をしないでいいですね(笑)

仕事のやる気がないのかと思わなくもないですが。

そんな時、天井からドンドンと音が響く。さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)からの依頼の合図だと気付いた五郎とグレは、急ぎ事務所へ戻った。

所長の風かほるに、天井を叩いて呼ばれる五郎とグレ。

そんな仕事の合図、今時ないですよね、多分(笑)。

まあ、そんなある意味、ひどい感じの仕事環境というのか、仕事のやり方なのかもしれませんが、これが、張りネズミの仕事のやり方で、事件を解決していくのでしょう。

昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面。その男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。その話を聞いた五郎とグレは……。

しかも、所長のかほるは、昼間から酎ハイを飲んでいるということで、所員も所員なら、所長も所長ですね。

で、依頼はというと、亡くなった娘の代わりを探すということのようです。娘に似ている女の子がいるからそれを探して欲しいということですね。

というのが、「ハロー張りネズミ」の1話のあらすじですね。

ここからどうなるのか。

ハロー張りネズミ。1話のネタバレ

以下、ハロー張りネズミ。1話のネタバレです。

ハロー張りネズミ、1話のネタバレ、あらすじ。感想。七瀬五郎(瑛太)が依頼人の死んだ娘に似た少女を探す。キャスト、視聴率

みほは亡くなる。
遺骨を持った、川田。
五郎と。
川田:探偵さんと同じことを僕も思っています。結局みほに嘘をついてしまったわけですし、これでよかったのかなって。今頃、天国でミカに会って、びっくりしているかもしれませんね。怒っているかもしれないな。僕もうどうしていいかわからなくなっていたと思うんです。多分、死んでいたと思うんです。でも今は、ちょっと大丈夫なんです。探偵さん、連れて行ってもらいたいところがあるんですけど。

児童養護施設に行く。
川田が、はるかを引き取った。

五郎は、はるかをみかの代わりに育てるのではということを心配してる。

風かほる:チューハイは、本物じゃない。代わりだっていいじゃない。酔えるもん、美味しいもん。

はるかは、バレエを習っている。

スナック「輝」で
五郎は土下座して頼んだと、グレに教える。
五郎:土下座をバカにしてたのは、自己満足じゃん。プライドの押し売りじゃん。でも、自分のためじゃなくて、誰かのためにする土下座はありなんじゃないかなと思ったよ。

そして、五郎は、萌美に土下座するが。
依頼人が来る。

依頼人は、四俵蘭子。
サンダー貿易副社長、自殺。父が殺されたと。

ハロー張りネズミ・1話の感想まとめ

 

感想のまとめ

 

ハロー張りネズミ・1話の視聴率

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう