ハロー張りネズミ。最終回、10話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

2019年7月9日

ハロー張りネズミ。最終回、10話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

 

ハロー張りネズミ・最終回

ハロー張りネズミ

ハロー張りネズミ。最終回、10話のネタバレ、あらすじ。感想のまとめ。視聴率

ハロー張りネズミ。最終回、10話のあらすじ

家賃滞納により、ついに裁判所から退去命令が下された「あかつか探偵事務所」。それを受けて、今まで気丈に振舞っていた所長のかほる(山口智子)も、事務所をたたむ決心をする。そんなとき、権田辰夫(柄本時生)という男が群馬県から事務所を訪ねてきて、権田家の敷地内のどこかに埋まっているはずの徳川埋蔵金を発掘してほしいという依頼する。他界した祖父の遺言を権田が説明するも、にわかに信じられないゴロー(瑛太)たち事務所の面々だったが、3000億ともいわれる埋蔵金の価値を知ると、一か八かこの依頼に賭ける決心を固める。
ほどなく、ゴローとグレ(森田剛)、蘭子(深田恭子)、かほると総動員で群馬県の権田家へと向かうのだが……。

ハロー張りネズミ。最終回、10話のネタバレ

ハロー張りネズミ、最終回。10話のネタバレ、あらすじ。徳川埋蔵金は見つかるか?感想。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

龍が岩に行く、権田と4人。
暗号の板をはめられる場所がある。
そこに板をはめると、穴があるところがわかって、そこに入っていけそう。

洞窟のようなところに入って行く、ゴロー、グレ、権田。
グレ:どこだ3000億は!
うめき声が奥から聞こえる。

村人たちが、怪我をしていた。
病院に入院した3人。
埋蔵金を探しに行った。
岩を動かして、穴を見つけた。入って行くと、罠に引っかかって、岩が落ちて来た。
埋蔵金を探しにくる人へのトラップだった。

蘭子と権田
権田:もし埋蔵金が見つかったら、俺と結婚してくれませんか。じいちゃん、言ってたんです。早く嫁見つけろと。見た目や、雰囲気、俺のタイプなんです。だから、結婚してください。
蘭子:じゃあ。埋蔵金が見つかったら、また言ってください。
権田:絶対、見つけるぞ!

権田は、英語が会話に入ってくる。
じいちゃんに、洋書を読まされていた。

これが、ヒントになって、ゴローが暗号を解きます。ここから、ハロー張りネズミ、最終回の結末ですね。

ゴローがひらめく。
英語で本当の答えにたどり着く
deer rinoceros sardine

また龍が岩に行って、板をはめる。
龍が書かれた岩がある。
その岩をどけると、入口がある。
入っていく5人。

徳川の紋所のある布がかけられたものがある。
それを権田がどけると、金塊がたくさんある。
小判も出てくる

しかし、天井が崩れて、岩に埋もれる。

権田は、あのままにしておこうと。
じいちゃんは、埋蔵金を守り続けろと言っているのではと、権田が言う。

費用を払って、黙っておいて欲しいと。

権田:ゴローさん、サンキューベリーマッチ。あと、蘭子さんを幸せにしてあげてください。
ゴロー:ああ、はい。

事務所で
グレは、もったいないよなあと。
かほるは、お金は全てじゃない。
かほる:うちらも時流に逆らう探偵稼業。守りたいものは守りたいじゃん。
蘭子:あかつか探偵事務所が解散してもですか。
ゴロー:じゃあ、これはバチが当たるのかな。
小判をポケットから出してくる
グレも、小判を出してくる。

これを金に変えれば、事務所の家賃は、払える。

そこに男がやってくる。
このドラマが最終回だって言うんで、歌いに来たんすけど。

ハロー張りネズミ・最終回、10話の感想まとめ

 

感想

 

ハロー張りネズミ、最終回、10話の視聴率

ハロー張りネズミ、最終回、10話の視聴率は、6.8%でした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう