セシルのもくろみ。4話のネタバレ、あらすじ、感想のまとめ、視聴率

2019年7月9日

セシルのもくろみ。4話のネタバレ、あらすじ、感想のまとめ、視聴率

 

セシルのもくろみ・4話

セシルのもくろみ

セシルのもくろみ。4話のネタバレ、あらすじ、感想のまとめ、視聴率

セシルのもくろみ。4話のあらすじ

以下、セシルのもくろみ、4話のあらすじ

奈央(真木よう子)は、家庭も『ヴァニティ』も何も手放すつもりはない、という由華子(吉瀬美智子)の強い思いを知る。一方、江里(伊藤歩)は、洵子(板谷由夏)と副編集長の石田(眞島秀和)が密談しているところを偶然目撃し、ふたりの間で何らかの取り引きがあったことを察する。

『ヴァニティ』では、新たな専属モデルとして手島レイナ(芦名星)と契約する。そして、読者モデルの中から昇格したのは、奈央ではなく葵(佐藤江梨子)だった。葵が発案したメイク企画が、読者アンケートでも反応が良かったことが決め手となったらしい。 そんな折、江里は、石田と葵が車の中で抱き合っているところを見てしまう。奈央と会った江里は、石田たちのことを話し、このネタを使わない手はない、と言い出す。しかし奈央は、そんなやり方で専属になんかなりたくない、と言って江里を諭す。

同じころ、洵子の元にも石田と葵がホテルに入っていくところを撮影した写真が送られてくる。差出人は不明だった。

洵子に会いに行った江里は、石田との密談の件を切り出す。そこで江里は、葵を専属モデルにしたい石田と、読者モデルから専属モデルを出したい洵子が手を組んでいたことを知る。

洵子は、編集会議の場で葵の不倫を報告する。編集長の南城(リリー・フランキー)は、石田に休養を命じると、洵子を副編集長代理に指名し…。

セシルのもくろみ。4話のネタバレ

セシルのもくろみ、4話のネタバレ

セシルのもくろみ。4話のネタバレ、あらすじ。宮地は専属モデルになれるのか?感想、キャスト、視聴率

トモと宮地、沖田、スタイリスト登坂千絵
トモ:宮地的デート服ね。
オールインワン。
ハマユカがそこに来る。
ハマユカ:だったら、服を選ぶところから始めてみたら?
と言うことで、ハマユカと宮地たちが、買いに行く。
服を選ぶ、ハマユカ
沖田:宮地が好きなの選んでいいよ。
宮地:じゃあ、あれ!

仕事だからと、伸行はドタキャン。
山上が、旦那役になる。
夫婦っぽい雰囲気がなかなか出ない。

その様子を見ている人が、モデルさんって、雰囲気あるよねって。
スイッチが入る、宮地奈央。

帰宅して。
宏樹:楽しそうだね。
奈央:楽しかったね、撮影したって感じしたよね。

沖田と宮地
宮地:買い物の時の写真をインスタにアップしたら?
沖田:いいの?
宮地:汚いかな。やる。嘘じゃないし。

いいねやコメントがいっぱいつく。

沖田:これで、あんたを好きになるかどうか。これからのあんた次第だから。

宮地と沖田が黒沢に呼ばれる。
黒沢:宮地さんには、11月をもって、VANITYを卒業してもらうことになりました。
沖田:クビってことですか?
宮地:は!

セシルのもくろみ、4話の感想まとめ

 

感想

 

 

セシルのもくろみ、4話の視聴率

セシルのもくろみ、4話の視聴率は、4.4%でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう