セシルのもくろみ。最終回。9話のネタバレ、あらすじ、感想のまとめ、視聴率

2019年7月9日

セシルのもくろみ。最終回、9話のネタバレ、あらすじ、感想のまとめ、視聴率

 

セシルのもくろみ・最終回

 

セシルのもくろみ

セシルのもくろみ。最終回、9話のネタバレ、あらすじ、感想のまとめ、視聴率

セシルのもくろみ。最終回、9話のあらすじ

以下、セシルのもくろみ、最終回、9話のあらすじ

奈央(真木よう子)は、由華子(吉瀬美智子)から、新しく立ち上げる雑誌のカバーモデルになってほしい、と誘われる。ある大手IT系企業が『ジョワイユ』という女性誌を創刊するのだという。由華子に連れられて『ジョワイユ』の創刊準備室を訪れた奈央は、編集長を紹介される。それは、晴海書房を辞めたばかりの洵子(板谷由夏)だった。しかも、由華子はモデルをやめて、洵子の下で新人編集者として働くのだという。

一方、山上(金子ノブアキ)やトモ(徳井義実)は、『ヴァニティ』元編集長の南城(リリー・フランキー)も晴海書房を辞めてしまったことを知る。『ヴァニティ』編集部内では、南城が洵子や由華子と合流するのではないか、と危機感を募らせる。事実、舞子(長谷川京子)がカバーモデルとなった8月号は過去最高の売り上げだったにもかかわらず、続く9月号はリニューアル前より販売部数を落としていたのだ。

由華子たちからの誘いを受けるべきか悩んでいた奈央は、江里(伊藤歩)に相談を持ちかける。だが、実は江里も、あるところから誘われており、悩んでいた。奈央と江里は、お互いに自分自身で悔いのない答えを出そう、と決めて…。

セシルのもくろみ。最終回、9話のネタバレ

セシルのもくろみ、最終回、9話のネタバレ

セシルのもくろみ。最終回、9話のネタバレ、あらすじ。宮地はどうする?感想。キャスト、視聴率

ヴァニティの編集者、ライター、モデルが集められる。

舞子:ヴァニティの売り上げが落ちてるって知ってるわよね。私のせいだと思ってるんでしょ。私の家、貧乏だったの。ヴァニティができた時に思ったの。あの頃の母がこれがあったら、もっとおしゃれになったはずと思ったの。いつしか、ハマユカを超えることばかり考えるようになって。でも、今更どうしたらいいのか
宮地:間違ってたって言ったらいいんじゃないですか。そう思ってたら。じゃ、私、行かなきゃいけないんで

ヴァニティが休刊になるかもしれないと、ネットニュースになっている。
宮地:あの、それって噂ですよね。ヴァニティがなくなるとか。真実なんですかね。ヴァニティの売り上げが落ちたというのは聞きました。もう数字とか、ネットとか、本当の正体がわからないものに左右されるのやめにしませんか。メッセージを伝えるためにあって、売り上げのために変えるというのは違うと思うんですよ。私はやめません。正式に、黒沢さんに伝えに行きました。黒沢さんたちは、ヴァニティを潰そうなんて考えていないですよ。ライフスタイル誌を作るってことです。ヴァニティもヴァニティらしいメッセージを持って頑張らなきゃいけないんです。ハマユカさんという素敵な人に出会って。モデルなんかと思っていた私を変えてくれました。

ヴァニティでやりたいことができないなら、ジョワイユに行くのもあるかと思ったが、ヴァニティに残ると決めた。

宮地:南城さんが、女性にもっと自由になってほしくて、ヴァニティを作ったと。ヴァニティの魂を守って行きたいんです。でも、私一人じゃできないんです。

宮地:うまく行かないかもしれないが、やってみないとわからないじゃないですか。みなさんの夢とか理想とか胸の中にあるんですよね。一緒に頑張って行きましょうよ!

編集長:2ヶ月売り上げが落ちてます。憧れ路線に変更したせいです。
舞子:私のせいだと思っているでしょう。ごめんなさい。
編集長:ですので、前のヴァニティに戻そうと思うんですけど、いいですか?
小池:読者モデルを募集してやるというのはどうでしょうか?
宮地がモデルになって、読者モデルを募集しようということに。

宮地と沖田
沖田:私、ごめん。私。
宮地:江里は、フェローニに行くんでしょ。わかってたよ。このタイミングでヴァニティをやめようかと迷っているなんて、それしかないじゃん。背中を押してあげられれば、格好良かったんだけどね。江里ともっと一緒にやりたいっていう気持ちがさ。

宮地:おめでとう。ここからは、それぞれの道で。
沖田:それぞれの道で。
握手して、抱き合う2人。

違う道に進む二人ですね。でも、「戦友」という感じで、ずっと続いていきそうですよね。
ここから、セシルのもくろみ、最終回の結末です。

セシルのもくろみ、最終回の結末へ

沖田は、ミラノのフェローニに研修に半年行くことに。
山上:付き合うっていうことでいいよね、俺たち。
沖田は、固まる。
山上:いいチャペル、探しといて。
沖田:うん。

え!と、宮地とトモもいる。

南城は、カレー屋をオープンしている。
黒沢とハマユカがカレーを食べている。

宮地は、茨の道だが、体育会出身なんで、ヴァニティに残ると決めた。

ハマユカと黒沢は、宮地を別の場所にいる同志だと。

宮地は、ヴァニティに残ることにしたと、夫と息子に報告する
絶対、表紙になると。

9月21日
読者モデルを募集するページに、宮地の写真を撮る

チーム宮地、いえー!と、宮地、沖田、山上、トモの4人。

舞子は、宮地と2人で、ヴァニティを盛り上げて行こうと考えている。

沖田は、まだミラノにいる。

宮地は、ファッションショーのランウェイを歩く。

セシルのもくろみ、最終回、9話の感想まとめ

 

感想

 

 

セシルのもくろみ、最終回、9話の視聴率

セシルのもくろみ、最終回、9話の視聴率は、4.3%でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう