コード・ブルー3。6話のネタバレ、あらすじ。感想まとめ。視聴率

2019年7月9日

コード・ブルー3。6話のネタバレ、あらすじ。感想。視聴率

 

コードブルー3・6話

コード・ブルー

コード・ブルー。3rdシーズン。6話のネタバレ、あらすじ。感想。視聴率

コード・ブルー。シーズン3。6話のあらすじ

以下、コードブルー3、6話のあらすじです

藍沢耕作(山下智久)と新海広紀(安藤政信)により、天野奏(田鍋梨々花)の手術は無事に終わった。しかし、白石恵(新垣結衣)が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。それは橘啓輔(椎名桔平)の息子、優輔(歸山竜成)のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。循環器内科医の井上宣顕(滝藤賢一)の指摘に、橘は期待を抱いてはいけないと自分を制する。

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男(浅利陽介)、雪村双葉(馬場ふみか)が向かう。商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)と交代した。

灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。フェロー二人だけでこの事態に対処しなければならなくなる…。

 

コード・ブルー3。6話のネタバレ

以下、コード・ブルー。シーズン3。6話のネタバレです。

コード・ブルー3。6話のあらすじ、ネタバレ。フェローたちは命を救えるか?視聴率。感想。キャスト。見逃し配信動画

白石が、藍沢に電話する。ドアが開くまで10分。待ってられない。
藍沢:もう一度切れ!灰谷、シアンガス山の時、臆病な自分を嘆いていた。また帰ってから嘆くのか、ここで患者を救うのか、決めるのはお前だ。
灰谷:わかりました。
灰谷が、切ろうとする。
患者:事故は俺のせいなんだ。積み方ずれてるの気づいてて。やり直すって言ったら、大変だから。俺がビビリだから。
灰谷:僕もそうです。やらなくていいなら、やらないほうを選ぶ。今日もそうでした。でも、今やらないで、もしあなたが死んだら、今後、自分を許すことはできません。だからお願いします。やらせてください

藍沢の患者の原因がわからない。原因を特定する。

灰谷は、患者が痛がる中、止血する。
出血が止まる

横峯:すごいよ。驚いたあああ
藍沢:最後まで責任を持ってみろ、お前が救った患者だ。
灰谷:はい

 

山口匠の臓器の摘出手術
その様子を、橘が見ている。
名取:臓器摘出するとこ初めて見ました。
緋山:たった一枚、たった6行。
紙を取り出して、それぞれの臓器がどこに行くかを読み上げる。
緋山:この6行は、匠くんが生きた証。だから手を抜かずに、書類仕事をやりたいの。
名取が出て行く。

緋山が、山口匠の髪を洗っている。
名取:富津高校の2年生。将来は教師になりたがってた。ご両親に聞いたんです。俺なりに、彼のことを知ろうと思って。そうすれば、残された家族の悲しみに寄り添えるかなって。寄り添えませんでした。彼は、4日前に見た患者の一人で。それだけです。俺は、緋山先生がうらやましいです。患者やその家族に寄り添えるのがうらやましい。
緋山:7年前さ、脳死の子供を見たの。その時、私は、患者と家族に寄り添いすぎてキャリアを失いそうになった。ある先生に言われたの。遠回りすることで、見える景色もあるって。人それぞれでいいんだと思う。どんな景色が見えるかは。
名取:俺にもやらせてもらっていいですか。ありがとう。君のおかげで、6人が生きる。君は、こんな言葉いらないかもしれないけど。

名取が帰る。
書類を書いてある。

藍沢と天野奏
藍沢:リハビリをしても、手の震えがゼロになる可能性は、とても低い。約束を守れなかった。申し訳ない。
奏:また弾けるようになるって言ったじゃない。
藍沢:言った。
奏:嘘つき。先生は、私の命より大事なものを奪った。

 

落胆が成長につながる時期は、とっくにすぎてしまった。

白石:今日は、ありがとう。現場で。あの二人にやれって言ってくれて。最後まで彼らを信じなきゃいけないのに。やっぱり、藍沢先生は強いね。
藍沢:人には言っておいて、自分の患者を救えてない。
白石:天野奏さんのこと?そんなことはない。命を救った。
藍沢:命を救ったのは、俺じゃない。俺は、ただ、約束を破っただけだ。

コード・ブルー。シーズン3。6話の感想まとめ

 

感想

 

コード・ブルー3。6話の視聴率

コード・ブルー3。6話の視聴率は、13.7%でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう