コード・ブルー3。5話のネタバレ、あらすじ。感想まとめ。視聴率

2019年8月15日

コード・ブルー3。5話のネタバレ、あらすじ。感想。視聴率

 

コード・ブルー・5話

コード・ブルー

コード・ブルー。3rdシーズン。5話のネタバレ、あらすじ。感想。視聴率

コード・ブルー。シーズン3。5話のあらすじ

以下、コードブルー3、5話のあらすじです

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。

初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

 

コード・ブルー3。5話のネタバレ

以下、コード・ブルー。シーズン3。5話のネタバレです。

コード・ブルー3。5話のネタバレ、あらすじ。名取の判断ミス?視聴率。感想。キャスト。見逃し配信動画

緋山:明日退院していいよ。
冴島:そう。わかった。
緋山:あのさ。

白石が突然入って来る。
緋山:なに?
白石:あ、そうだ、聞きたいことがあったの。名取先生、落ち込んでるの?
緋山:最初から、落ち込んでるよ
白石:そうなの?雪村さんて変わったよね。
冴島:とくにないけど、プライドあるから、言い過ぎないようにしてる。白石先生て、気がつかないタイプだよね。

緋山:ありがとね。
白石:本当に聞きたかっただけだから

冴島と藤川が車の中で
冴島が、亡くなった赤ちゃんを見ている
藤川:じゃあ、お別れに行こうか。はるかさあ、シアンガス騒ぎの時、一番最初になんて言ったか覚えてる。赤ちゃんのことが真っ先に浮かんだって言ったんだよ。俺は、子供のことなんて、頭からすっかり抜け落ちてた。でも、お前は、死にかけたっていうのに、まず最初に子供のことを心配したんだ。俺は、はるかは、すごくいいお母さんだと思う。
冴島:一度家に帰って、着替えていい?この子と最後のお出かけだから、きれいにしていきたい。私たち家族の大事な思い出にしたい。

 

吉崎が意識が戻りそう。
その様子を見て、倉田がうれしそう。
名取:あの、僕なんです。倉田さんの骨盤骨折見落としたの。すみませんでした
倉田:ああ、そうか。そうだよな。あの時、俺診てたの君だもんな。

横峯が、レスキューとの結婚もありかもと言い出す。

緒方が緋山に、離婚届の証人にサインして欲しいと頼む。
緋山:いいよ。いくらでも書く。どこがよかったの?奥さん。
緒方:そうだな。まずきれいだったよね。で、強いね。すごく強い。で、頭がよくて、野心家で。店の経営手腕もピカイチ。あとは、そうだな。彼女は最初に俺の料理が美味しいって言ってくれた。俺を信じてくれた。それだけは15年間信じてくれた。こうなった、俺が悪いんだ。
緋山:これ、出しに行けんの?
緒方:心配しくれてんの?心のほう?体のほう?
緋山:体のほうに決まってんでしょ。

白石が帰宅すると、緋山が飲んで落ち込んでる。
白石:恋愛相談なら乗るけど?
緋山:あんたには相談しない。あんた、結婚したいと思ってる?
白石:したいと思ってるよ。
緋山:大変そうなのに?
白石:憧れる。大変かもしれないけど

天野奏
手が動くので、問題なさそう。と思ったら、手の震えが出てしまう。

 

コード・ブルー。シーズン3。5話の感想まとめ

 

感想

 

コード・ブルー3。5話の視聴率

コード・ブルー3。5話の視聴率は、13.8%でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう