ごめん愛してる。2話、ネタバレあらすじ。感想のまとめ。視聴率

ごめん愛してる2話、ネタバレあらすじ。感想のまとめ

 

ごめん愛してる・2話

ごめん愛してる 2話

ごめん、愛してる。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?TOKIOの長瀬智也さん主演。吉岡里帆さんがヒロイン

ごめん愛してる。2話、ネタバレあらすじ。感想のまとめ

ごめん愛してる。2話あらすじ

以下、ごめん愛してる、2話のあらすじ

 母親・麗子(大竹しのぶ)がサトル(坂口健太郎)を溺愛し、裕福な暮らしをしている姿を目の当たりにした律(長瀬智也)。ジャーナリストの加賀美(六角精児)は律の父親の正体と、麗子が律を捨てたいきさつを吹き込み復讐を唆す。

律は、加賀美に復讐をそそのかされるようです。

 そんな折、律は凜華(吉岡里帆)からサトルの運転手の仕事を紹介される。凜華はなにかと日向家に姿を見せる律に、ソウルで助けてもらった恩を返そうと考えていた。

そんな時に、凛華からサトルの運転手の仕事を紹介されるという。

この仕事を引き受けるのでしょうか。

ごめん愛してる、2話のあらすじです。

ごめん愛してる・2話ネタバレ

以下、ごめん愛してる、2話のネタバレ

ごめん、愛してる。2話のネタバレ、あらすじ。岡崎律は母に復讐するのか?感想。キャスト、原作。視聴率

塔子とサトルがキスをする。ごめん、愛してる。2話の結末へ

塔子:心臓大丈夫なの?
サトル:今は、もう大丈夫。でも、塔子といるとドキドキして、心臓に悪いのかも
塔子が、サトルにキスする。
その様子を見ている、凛華。

可愛若菜のアパートで。
引っ越すかと言い出す、律。
律:妹がいるとして、お前だけゴミの山に落としてちまったとする。妹だけが幸せに育っていたとする。お前はどう思う?その妹に対して。
若菜:よかったねって思う。妹は助かったんでしょ。よかってねって思う。
律:そっか、お前はそう思うんだな

加賀美がやって来る。
原稿にしてみたから読んでくれと。
律:ちょっと待ってくれないか。少し考えさせてくれ。世間にぶちまける前に、あの女のことを知りたいんだ。
加賀美:何言ってんだ。今さら
律:とっとと帰れ。

麗子から、律に電話が来る。話があると。

2人で会う。
麗子:履歴書見直してみたの。あなた韓国の暴力団にいたのね。そこから逃げて来たのね。
律;首ですか?
麗子:いいえ。本当は雇いたくなかったわよ。野良犬みたい。でも、あなたはサトルを助けてくれた。気が変わったの。あなたならサトルのボディガードになれる。万が一の時に、身を挺して、サトルを守って欲しいの。サトルは私の宝物よ。世界の宝でもある。もちろん、お給料は弾むわ。これは今月のぶん。これって、あなたにとっても、いい話じゃない?

帰り道に、凛華を見かける律。
凛華:どっか遠いとこ行きたい。
律:偶然だな。俺もだよ。

屋台で飲む2人。
凛華:明日になったら、サトルのこと好きじゃ無くなってたらいいのに。でも、目が覚めたら、サトルが好きなんだ。だから諦めた。
律:似てるかもな。俺とお前。
凛華:もしかして、おっちゃんも、片思いしてんの?
指輪が出て来る。
凛華が、ちゃんとつけてと、紐に通して、首につけてくれる。
凛華は寝てしまう。律が抱っこして連れて行く。

その様子を、三田恒夫が見つける。指輪を見て、気がつく。
恒夫:お前がなんでここにいるんだよ。離れなさい。
と、凛華をひっぱたく。
恒夫:消え失せろ!

ごめん愛してる・2話の感想まとめ

ごめん、愛してる、2話の感想まとめ

感想まとめ

 

ごめん、愛してる、2話の視聴率

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう